色々な車の売り方

車を売る色々な方法

色々な売り方やガリバーのような売り方

車売却の方法には下取りや買取りの他にもオークションや個人売買という方法があるのはご存じでしたか?
まず下取りはディーラーに、買取りはガリバーのような買取業者にしてもらうのですが、その他にディーラーや業者に売るのではなく自分で直接買い手に売る方法があるのです。

 

ここではその方法である個人売買とオークションについてみていきたいと思います。

 

まずこの二つの方法のメリットと言えば何と言っても下取りや買取りより車売却において高く売れる可能性があることでしょう。
例えばオークションについて言えば、マージンが取られないので必然的に売却金額は高くなります。
ただし、デメリットを知らないとうまくいかない場合が多く、よほどの知識があるか業者に任せないと難しいケースも多々あります。

 

まず個人売買では買い手を自分で見つけねばならず、身近に車の需要がなければ売ることができないということです。
そして、満足な保証は付けられないので、結局は買い取りよりも安くなるケースが多々あります。

 

その点に関して言えば個人売買と違いオークションによる方法ではネットで全国から買取り手を見つけることができるでしょう。

 

しかしオークションのデメリットもあり、これは何と言ってもトラブルが起こりやすい事があげられます。
ネット上で顔を知らない同志での取引を行うわけですから後になってクレームが発生したり、手続きで相手が名義変更しないといったケースがあるのです。

 

そして、個人売買、オークションで車売却する場合であっても事前にはガリバーのような買取業者による査定は受けておきましょう。
買取金額を知れば、自分の車の相場が分かります。
これはとても重要なことです。

 

その相場を知ることで車売却で自分が損をしているのかどうかが分かります。
そして相場より高くなった時に売ればいいのです。
なかなか、思ったようにうまくはいかないのですが・・・


ホーム RSS購読 サイトマップ